IKEAのベビー用ハイチェア ANTILOP アンティロープ はコスパ良すぎ

 
 
 
我が家は、IKEAのベビー用ハイチェアを利用しています。
 
それまではハイローチェアを使っていたのですが、
 
そろそろきちんとしたお食事用チェアを買いたいということで
 
あれこれ見てみました。
 
可愛いイスも子どもによさそうなイスも将来は大人が使えるようなイスも、
 
色々あったのに・・・
 
結局IKEAのハイチェアになりました。
 
 
しかし今現在は満足しているのでレビューします。
 
 
 
 

ANTILOP アンティロープのいいところ

 
 
 
まずね、軽いんですよこれ。
 
見た通りなんですけど笑
 
でもこの軽さってとても我が家にはありがたくて、
 
移動も容易だし、足をぶつけても痛くない。
 
 
我が家は狭いので、
 
ハイチェアのすぐ脇や後ろを頻繁に往来するんですけど、
 
このハイチェアは軽くてコンパクトなので、
 
少し邪魔にならないところによけるとか、
 
そういうことができるんですよね。
 
 
さらに、そばをなんども通るということは、
 
椅子にぶつかることも多くなるんですが、
 
この椅子はぶつかっても全然痛くない。
 
 
 
子どもが小さくても、
 
いすにぶつかって痛がるというシーンは一度もみたことがありません。
 
(ちなみに私はバタバタしてソファの足に何度も小指をぶつて悶絶しているので、
 
この椅子のやさしさには感謝しています)
 
 
 
 
そして、
 
先ほども書きましたが、
 
コンパクトなんです。
 
狭い我が家においても圧迫感なし。
 
 
 
 
 
分解できるので、万が一邪魔な時は分解してどこかに置いておくことも可能。
 
でも分解しないで空き部屋においても全然邪魔に感じないかも。
 
そして、軽いので、持ち運びも軽々ですよ。
 
次の子が生まれるまでどこかに置いておこうと思ったら、
 
普通は保管を考えるのが億劫ですけど、
 
これはその心配があまりないです。
 
安いのでまた買うという手もありますが、
 
エコではないですね。
 
 
 
なにより
 
安い。
 
ただ安いのではなく、
 
激安。
 
税込1,999円
 
 
 
本当は、欲しいハイチェアがあって(おしゃれで将来は飾っておくだけでもいいと思ったもの)、
 
それを買いたいと思っていたのですが、
 
値段のこともあり、なかなか購入に踏み切れないでいたところ、
 
取りあえず、激安のこれをつなぎにでも使おうと思って買ったのですが、
 
あまりの使い勝手のよさに、
 
もうこれでいい・・・というかこれがいい…
 
 
これが好き!
 
 
となっています。
 
 
色は白と水色があって、
 
なんとなく可愛いので水色にしたのですが、
 
本当に結構可愛いんです。
 
嘘みたいですけど・・・
 
赤ちゃんが座ればまあなんでも可愛いですけども・・・。
 
 
 
 
 
 
 
 
きちんと安全ベルトもついてます。
 
これ息子は自分でつけてくれるようになりました。
 
つけたり外したりするときは指を挟まないように気を付けてください。
 
トテモイタイカラネ・・・
 

 

トレイ

 
 
 
このトレイのあるなしじゃ食事介助のストレスがだいぶかわります。
 
 
多少こぼしても、このトレイの上なら
 
下にもおちないし、
 
拭くのは楽だし、
 
まったく気にならないです。
 
イス事態も汚れは拭けばすぐに落ちるので、
 
あまり神経質にならずに子どもにご飯を食べさせられます。
 
 
 
 

サポートクッション 

 
 
 
 
これも買いましたが、
 
一歳の息子には必要ありませんでした。
 
空気を入れて使うクッションなのですが、
 
わざわざこれを使う必要はないかも。
 
 
なんかごわごわしてるし。
 
 
 
 
小さいお子さんはこういうクッションがあった方がいいのかな?
 
だとしても手持ちの薄いクッションとかそういうのでいい気がします。
 
 
 
 
我が家ではせっかく買ったので他の用途がないかなと、
 
おむつ替えの時に頭の下に敷いてみたりして
 
無理やり使ってみました。
 
 
 
 
 
よくないところ
 
 
 
 
これは足を置くところないという点です。
 
どうやら食事のときは足を着けて食べた方が良いという情報を小耳にはさみました。
 
どうしても気になる人は、
 
下に何かおいてあげたらいいかも。
 
シンプルなので、そういうアレンジができるのもいいところ。
 
 
 
 
 
 
 
 
こちらの椅子、3才までしか使えないんですよね。
 
さてそれ以降どうしよう。
 
とりあえず今はこちらを愛用しています。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする