ベビーモニターで少しだけ育児が楽になる【我が家の育児必需品】

ワイヤレスベビーモニター

我が家では寝室とリビングの階が別なので新生児の頃からベビーモニターを利用しています。

これが、あるとないとでは育児が全然違います。

なくなったらどうすればいいのか分からなくなるくらい。

買ったのは、

蛯原英里さんおすすめでおなじみのワイヤレスベビーモニターです。

 

こちらは15、000円程でお高めだし、

買うまでは、ベビーモニターは声だけ聞こえたらOKだから、

できるだけ安く済ませたいなーなんて思っていたのですが、

実際はこちらを購入して本当に良かったです。

一番の特徴は

◎オートトラッキング機能

で、

赤ちゃんの動きを追ってくれるというものなのですが、

我が家は、常にベッド全体が映るようにしており、

必要な時にアップで顔などを確認するという形なので、

あまりこの機能の利便性を感じていません笑

◎2WAY (会話機能)

カメラの先にいる赤ちゃんの声が聞こえるだけでなく、

こちらの声をカメラの向こうに届けることができる機能。

こちらは結構使っている機能です。

とはいえ、

公式のように、起きたばかりの赤ちゃんを安心させるために、

ママの声を聴かせてあげるといった使い方はしていません。

スピーカーがあまりよくないので、モニターごしに優しく話かけても

大きな声(音)がスピーカーから出てしまい

むしろ驚かれて怖がられます笑

赤ちゃんに向けて使うというより、

寝かしつけ中や、夜泣き対応の時のトラブルなどに役立っています。

例えば私が夜泣き対応しているときに、

子どもが汗だくになっている場合は、リビングにいる夫に向かって、

着替えや水を持ってきてもらうようにお願いします。

(カメラがある部屋はモニターされていれば常に音声が聞こえるので、

そのまま話せばOK。赤ちゃんを抱っこしていたり、オムツ変えの最中でも大丈夫です)

リビングの夫は、モニターのマイクに向かって

「OK」とか「着替えは半そで?長袖?」とか応答することができるんです。

ちなみにカメラ側のマイク良いです。

子どもの寝息まで聞こえるので安心します。

◎ボイスオン機能

赤ちゃんが声を出したらカメラが自動的にONになる機能です。

我が家は基本的に常にカメラをONにしていますが、

充電で使いたい場合は消費電力が節約できていいかも。

◎遠隔操作

モニターを使って手動でカメラを動かせます。

カメラの電源を触った時に角度が変わることが多いので、

モニターを見ながらカメラを操作できるのはとても便利です。

◎ナイトビジョン

部屋が真っ暗でも赤ちゃんの顔をはっきり見ることができますよ!

◎温度設定アラーム

こちらの機能もありがたいです。

室温が高くなるとアラームが鳴ります(モニター側だけです)。

また温度も表示されます。

この機能、夏場はとても助かっています。

とはいえ、我が家はカメラを西側の壁際に置いているからか、

実際の室温より2℃くらい高く表示されます。

◎充電式

何度かお世話になりました。

作業をしている部屋に持ち歩くことができるので、とてもありがたいです。

子どもが寝ている間にミシンの仕事をしたいとき、

作業テーブルに置いておけたのが良かったです。

ミシンなどをしていると泣き声に気づけないので、

赤ちゃんが起きたら瞬時に気づけるのもベビーモニターの利点です。

◎子守唄

大きな音でチャイムみたいな音がなります。

子どもを寝かしつけた後にうっかり押すとパニックになります笑

なくていい機能・・・というかむしろなくしてください笑

夫は、友人の出産祝いにはこのベビーモニターをプレゼントしたい、

と言っているほど、我が家では欠かせない育児アイテムになっています。

我が家は、置き場所に困ったので、

100均のコーナーシェルフを使ってこんな感じで置いてます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする