あってよかったハイローチェア

リビングでの赤ちゃんの居場所として

我が家では当初ベビーベッドを考えていました。


しかし長く使わないといわれるベビーベッドを

寝室用とリビング用の2台買うと言うのは

スペース的にも金銭的にも心の余裕的にも

難しく、



リビングにはバウンサーを置こうと考えていました。



そんな時、

ハイローチェア(ベビーラック)使うなら貸すよ



というありがたい申し出が!



そんなわけで我が家は

リビングでハイローチェアを利用していました




あって良かったハイローチェア



大きいし邪魔なのではと思ったハイローチェアでしたが

安全な赤ちゃんの居場所としては小スペースな方でした。

ハイローチェアは簡単に移動させられるのがまず良かったです



食事の時はダイニングテーブルの横、

料理の時はキッチンの傍



そして一番長所を発揮してくれたのが、

お風呂上がりでした



バスポンチョを拡げておいたハイローチェアを

脱衣場に置いておけば

お風呂から出した赤ちゃんを

そのままハイローチェアに寝かせてポンチョでくるめばOK!

床よりも冷え難そう!

これで落ち着いて自分の身体を拭くことができます。



そのままゴロゴロとハイローチェアを押して

リビングに移動していました。

息子が風邪をひいたときにも活躍してくれました。

鼻水を吸ってくれる機会を使う時、

嫌がって泣いたり、動いたりしてしまうので、

一人で、赤ちゃんの鼻水を吸うのは至難の業ですが、

ハイローチェアに座らせておけばなんとか一人でもやりとげることができます。

背もたれが高いので、

のけぞることができないので、普通の椅子より子どもの顔を固定しやすいのです。





離乳食が始まってからはお食事テーブルとしても利用していましたが、

これに関してははやく専用の椅子を買えば良かったと思いました。

ハイローチェアは汚れると拭いたり洗ったりが面倒なので。



使わないときは背もたれを立てて置けば

少しだけ小スペースになります。


お食事椅子を買う一歳過ぎまで使っていましたがそれ以降は全然使っていません。

一応4歳くらいまで使用できるそうです。

歩き始める1歳前後には、ハイローチェアですごすことや、

眠ることはほとんどなくなりましたね。

お昼寝の回数が減って来るので、

寝室でねるようになりました。





おむつ換えや食事に使うと

結構汚れるので

カバーを買えば良かったなと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする