乳児湿疹

息子は乳児湿疹が酷かったです。

生後2,3週間頃は脂のための湿疹で、1カ月検診の頃は少し良くなったのですが、

その後の乾燥による湿疹はなかなか改善しませんでした。

ちなみにこの時使っていたのは産院でもらったプロペトです。

生後二か月になった時小児科でサトウザルベ軟膏を処方してもらい、1日に何度も塗り、

これで治るかなと思っていたらまさかの悪化!

それまで、ぷつぷつぷつとほっぺが荒れているなー、くらいだったものが、

ほっぺ全体が皮向け、じゅくじゅく、痛々しい状態に…。

しかし病院からもらった薬だし、いつか良くなる…?と塗り続けましたが一向に良くならず。

勝手な想像ですが、息子の場合乾燥性の湿疹だった為、

サトウザルベ軟膏だけでは保湿効果が足りなかったのかな・・・?

例えば、サトウザルベ軟膏の上からプロペトなどで保湿していたら悪化しない可能性があった????

と思っていますが、どうなのでしょう???

2週間後にまた小児科で見てもらい、さらにパルデス軟膏を処方しもらいました。

ステロイドをもらってしまった!使うの怖い!というのが第一印象。

先生は前回のサトウザルベ軟膏の上から塗ってね、とおっしゃいました。

言われたとおりに患部に塗ると、

治りました!

つるつるに治りました!

しかし喜びもつかの間、やはりしばらくするとまた荒れてきてしまうので、

酷くなる前にパルデス軟膏で治すようにしました。

湿疹はなかなか完治しませんでしたが、

自宅で保湿しながら病院の薬を使っているうちに、

だんだんと薬を使う頻度が減ってきました。

さて

無知だった私は、ドラッグストアで白色ワセリンを購入し、息子に使いました。

それまで使っていたプロペトは白色ワセリンの一種だと聞いていた私は、

その代用が白色ワセリンでも可能だと思いました。

実際には精製度が違うもので、不純物がより少ないのはプロペト(さらに少ないのはサンホワイト)とネットに書いてあるんですよね・・・

当時の私は同じものだと思っていたので、白色ワセリンを、お風呂上りと、朝顔をふいた後に塗りました。

ちなみに顔は濡らしたコットンで拭いていました。

初めはガーゼで拭いていましたが、コットンの方が柔らかくて刺激が少ないような気がしたので。

しかし、これを繰り返しているうちに回復、

数週間のうちにほとんど湿疹は見られなくなりました。

これは私の仮説ですが、

白色ワセリンはプロペトよりもテクスチャが硬く、濡れたりしても落ちにくくて

肌の保湿、そして保護の役割をきっちりと果たしてくれたのでは????

これ以外に、

お風呂ではポンプ式のものではなく固形のベビー用石鹸を使う、

私自身が食べ物に気を付ける、など様々なことをしましたが、

息子の場合特に変化はみられませんでした。

そんなわけで、

もし過去に戻ったとしたら私が息子にするであろうことは以下です。

・プロペトををしつこいくらい頻繁に塗る。

・さらに授乳の後は顔を綺麗に拭いたあとにプロペトで保湿。

生後6カ月頃まで徐々に湿疹が出る頻度が少なくなりながら、

保湿→それでも湿疹が出現→病院の薬で治療

をくりかえし、

7カ月頃には完治しました。

乳児湿疹における息子の例でした。

まずは病院でみてもらってくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする