里帰りなし出産~育児をして分かったメリットとデメリット

私は実家が遠方なのですが、

現在の地元での出産と育児をしてみることにしました。

現在住んでいるところには親戚も親しい友人もいないので、

頼れるのは夫だけです。

今回、里帰り出産を選ばなかったのは、

子どもが生まれたら一番に夫に見て欲しい、

そして夫と一緒に育児がしたいと思ったからでした。

実家はかなり遠いので、里帰り出産の場合、

夫が希望していた立ち合いが難しいだろうと思ったことと、

新生児の育児をたくさん夫に体験して欲しいと思ったことが理由です。

また、私があまり実母とそりが合わないというのもあります。

出産前の事前準備 デイリーコープと契約

里帰り出産を選択しない場合の情報収集をしていると、

掲示板やブログで、

「宅食」という文字を多く見かけました。

つまり、産後は食事の用意が難しいので、

お弁当などを宅配してもらうということらしいのです。

ブログなどをみるとたくさんの宅食を頼んで比較などしてくださっています。

いくつかの選択肢の中から私はデイリーコープを選ぶことにしました。

このデイリーコープがなかなか便利で、

お弁当の他にも、お惣菜やちょっとした食材も一緒に運んでもらえるんです。

我が家は、毎日のお弁当の他に、

お惣菜や、パン、果物、ヨーグルト、冷凍のお弁当などをお願いしていました。

週に一度入れてもらえるチラシから選んで宅配員さんに渡すこともできますし、

ネットから頼むこともできます。

私はいつもネットからお願いしていました。

買い物にも出られない身なので、ネットで選ぶのが結構楽しかったです。

また便利だったのが、冷凍のお弁当です。

土日は宅配がないので、そういう日は頼んで冷凍しておいたお弁当を食べていました。

結構おいしいです。

デイリーコープに限らず、

産後ワンオペの方は必ずごはん(宅食など)の確保をお忘れなく!

私がそうだったのですが、

産後で身体は痛いししんどいけど、無理すれば動ける…

産後ハイでなんか極限まで頑張れる気がする…

そんな感じでついキッチンに立ってしまったりするんですよ…

本当に良くないと思います。

動ける気がしても動かない方がいいです。

眠れない、身体を休ませられない時期はその時だけでなくこのあと何カ月も続くわけで。

本当に身体が悲鳴を上げるのはこの後です。

ワンオペ育児で自分を休ませてあげられるのは自分だけです。

休める時は無理してでも休む。

家事は一切しない。

それくらいの覚悟を持つことをお勧めしたいです。

もちろんそれはママではなくパパの方が理解しておくべきことかと思います。

私の上司(男性)も育児にたくさん参加してきたと言っていましたが、

やはり分かっていないんですよ。

「○○さん(有名人)は産後○日で仕事復帰したんだって」

と、それを見習うべきことであるかのように言っていました。

私の夫もよく理解している方だとは思いますが、

労わってくれはしましたが、家事が苦手なので、

どうしても私がやらなければいけない場面が頻繁にありました。

もちろん、よく理解している男性もいるだろうとは思うので、

男性でひとくくりにしてはいけないとは分かっていますが。

しかしやはり、女性が思っている以上に男性は理解していないと思って、

出産前からしっかり説明をするに越したことがないと思います。

ドラム式洗濯機の導入を考えた

ごはんは宅食にお願いするとして、

赤ちゃんのお世話に当たって避けて通れないのは洗濯です。

我が家では私が社会人になったときからの洗濯機が現役なのですが、

これを期にドラム式を考えました。

乾燥までできる。

乾燥までできるのに、縦型より1回の洗濯にかかる費用が安い!!

欲しい!!!!!

しかし、我が家の洗面所はとても狭いので、ドラム式洗濯機を置くスペースがないのです…。

洗濯機の扉を開けられません…。

あと何より高い…。

そんなわけで断念しました。

いつか買いたいですが、間取りはどうにも変更できないので、

もっとスリムかつ扉が上についている(可能なのかわかりませんが笑)商品が

出てくれない限り我が家には設置できないのです…。

しかしワンオペ育児の強い味方だろうと思います!

掃除に関しては長い間ロボット掃除機(1万円くらいの安いもの)を利用していたのですが、

子どもが生まれてからは時間がかかるというデメリットが際立ってしまい、

MAKITAのコードレス掃除機を購入しました。

軽い上に吸引力が強いのでとても助かっています。

息子を抱っこ紐で抱っこしながら掃除機をかけても楽々。

猫がいるので、毎日の掃除は必須。

ダイソンで悩んでいましたが、

軽いのにm我が家で使っている大き目の猫砂も吸い込んでくれますし、

バッテリー交換が可能なのでMAKITAに軍配があがりました。

食洗器についてはもともとパナソニックの据え置きの物を導入済でしたが

とても助けられました。

やはりこちらもあるに越したことはないと思います。

里帰りしないメリットとデメリット

メリット

●夫が新生児育児に携わることができる
●自分のペースで育児できる
 
デメリット
●休めない←重要
●話相手がいない

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする