保育園児の春

進級の季節のお話です。

息子の通う保育園では、3月の末に、

新年度から生活するお部屋への移動があります。

同じ先生、同じお友達と、新しいお部屋で数週間を過ごします。

その日が近づいてきたころ、

息子が「チューリップ組(次年度のクラス)になりたくない」と言い出したのです。

理由を聞いても意味のないことを言うばかり。

ただ、漠然とした不安があったのかもしれません。

新しいクラスの入り口を前に、「チューリップ組になりたくない」と

私の背中にしがみつきます。

先生がなだめてお部屋に連れて行ってくれるのですが、

やはりいつまでもチューリップ組になりたくないと主張していました。

しかし、4月になりしばらく登園っていると、

「チューリップ組になりたくない」とは言わなくなったので、

チューリップ組であることを受け入れたのかな?と思い、

「今、何組?」と、聞いてみました。

借りぐらししてるつもりみたいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする