インフルエンザA型に感染しました

2歳の息子がインフルエンザA型に感染しました。

クラスでインフルエンザA型が出たと聞いてから、およそ1週間後の発症でした。

発熱は夜

その日は保育園で元気に遊んで帰って来て、

日中は保育園での検温では熱は一切ありませんでした。

帰って来てからも元気に遊んで、お風呂、ご飯を済ませましたが、

歯磨きを終えてそろそろ寝せようかな、と思った頃、

あれ、おでこが熱い…?

検温してみると、37.9℃でした。

それでも本人は元気いっぱいだったので、

とりあえず様子をみつつ、翌朝病院に行くことにしました。

インフルエンザA型の診断

翌朝、寝起きで検温してみると38.5℃。

しかし本人はいたって元気。

保育園と会社にお休みの連絡をして、

朝一で病院へ向かいました。

予約の電話をしていたので、

着いたらすぐに診察室に通してもらえました。

診察前に看護師さんが検温してくださると38.9℃。

検査の結果、インフルエンザA型と診断されました。

タミフルと解熱剤が処方されました。

本人はいつもと変わらないくらい元気いっぱいで、

病院でも、熱のわりに元気ね、と看護師さんに言われたほどですが、

帰宅してお昼ご飯を食べた頃から、急にぐったりしはじめました。

そこからはずっと高熱で、3日ほどほとんど寝てばかりいました。

たまに元気になって遊びだしたり、踊ったりするのですが、

薬を飲ませるとすぐに寝てしまいます。

寝るといっても眠りはかなり浅く、

何度も目を覚ましていました。

完全に解熱したのは3日後の朝でした。

その日からすっかり食欲も戻って一安心でした。

早ければ1日で解熱するみたいですね。

タミフルは苦い?

息子は粉薬を飲むのが得意です。

いつも

「薬だよー」というと口を大きく開けてぱくっと飲んでくれます。

今回も、いつもどおり、

スプーンにタミフルのドライシロップを水に溶かしたものを、

スプーンであげたのですが、

2回目以降から全力で泣いて拒否するように。

飲んでもらうまでに1時間かかりました。

タミフルは飲む時間が決められていて、

前回飲んでから12時間後に飲まなければいけません。

いつも上手に飲んでくれるので、

服薬ゼリーなどを用意していなかった為に、息子にはつらい思いをさせてしまいました。

タミフルのドライシロップをあげる際には

なにか味をごまかすものであげることをおすすめします。

チョコ系がいいみたいです。

しかしそもそも食欲がなく(喉の痛みのため?)、

何かを食べさせること自体が困難だったので、

薬を混ぜた何かを食べてもらうというのが難しかったです。

薬を服薬用のチョコでコーティングして、

「食べる?」

と聞いても

「いらない」

と言われてしまうので。

いつもはチョコ味の服薬ゼリーをつかうのですが、

今回は買いに行く余裕がなかったので、このチョコにしましたが、

とても嫌がられました。

そもそも息子にはまだ1度チョコレートを食べさせたことがなかったので、

(タミフルの苦みを緩和させるのにはチョコがいいらしいです)

「チョコ(味のもの)食べよう、おいしいよ」

と言われても、

「食べたい」

と思わないでしょうし、

実際、初めて食べてかなり困惑していました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする