ズボラな私にも作れる超簡単子ども向けおやつ

息子はゼリーが大好物です。

ゼリーといえば、

液体をゼラチンで固めたもの!

私にも作れそう!

ということで作ってみました。

1作目 失敗

どうせ作るなら少しでも身体に良い方がいいので、

りんごをフードプロセッサー

我が家はマジックブレットを愛用。お手入れ楽ちんです

(マジックブレットについて書いた記事はこちら離乳食作りにマジックブレットと圧力鍋)

で液体状にしたものを、

ゼリーにしてみました。

分量は、

市販されている

森永製菓のクックゼラチン

のレシピに書いてある通り、

ゼラチン一袋を50mlのお湯で溶かして、

リンゴピューレ200mlに入れる

という感じ。

これが

硬い

市販のゼリーのふるふる感皆無で、

どちらかというとグミのような出来上がり。

反省したので再度挑戦することにしました。

2度目はトロピカーナで成功

手作りのリンゴピューレで失敗したので、

(マジックブレッドには、果物をピューレ状にするだけでなく

絞ってジュースを作ることができるのですが、それをすっかり失念していました)

今度は市販のジュースを使って作ってみることに。

スーパーで物色して人工甘味料などが使われていない

フルーツ100%ジュース

トロピカーナを購入。

 

原材料がオレンジだけです!子どもにあげるにはとてもありがたい!

オレンジ100%と、100%フルーツブレンドの2種類を

ブレンドして再挑戦。

前回グミみたいになってしまったので、

今回はクックゼラチンのレシピを破ってふるふるのゼリーを目指します。

ジュース450mlに、50mlのお湯で溶かしたクックゼラチンを入れます。

1時間後・・・

できました!

ふるふるゼリーです!

息子のお気に入りの器に入れたら振ふるふる感が伝わらない写真になってしまいましたが、

とにかくふるっふる!

息子は大喜びで食べてくれました。

このレシピだと、思った以上に分量が作れてしまうのが

子どもが一人しかいない我が家にとってはネックです・・・。

大きめのタッパー一杯にできるので、

皆で食べたい時にはいいですね。

今回はトロピカーナを使いましたが、

今度はポンジュースで作ってみたいです。

なんとなく子どもに安心してあげられる気がします。

リンゴピューレを使ったゼリーが諦めきれない

実家から送られてきたリンゴがたくさんあるので、

どうしてもリンゴピューレを使ってゼリーを作りたかった私は、

再度挑戦してみました。

リンゴ一個をピューレ状にしたものと、トロピカーナ250mlに

50mlのお湯に溶かしたクックゼラチンを入れます。

一時間後・・・

できました!

イイ感じ!

ちゃんとふるふるしてます!

リンゴピューレの触感が高級感を感じさせてくれるゼリーになりました!

手作りゼリー、超がつくほど簡単で、子どもにも安心なのでこれからも作っていきたいです。

子どもが生まれてから全くお菓子を作らなくなったズボラな私でもできるので、

お菓子作り苦手だけど子どもになにかお菓子を作ってあげたいという方に

ぜひともお勧めしたいです。

分量は、ジュース450mlくらいを推奨します!!!

とはいえ市販のゼラチンを使うとどうしても微妙に味や舌触りが気になってしまうので

(息子は気にしていませんが)

次はアガーを探して作ってみたいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする