ディズニーで遊んだあとにおすすめ葛西臨海水族館【都内近郊の水族館との比較有】

 
ディズニーランドから葛西臨海水族園が近いので帰りに遊びに行ってみました。
 
私は学生時代に熱帯魚を育てていたことをきかっけに水族館にハマり、
 
日本・アジアの水族館をいくつかまわったので、
 
その経験を活かしつつ葛西臨海水族園をレポをしようと思います。
 
(今回は主に東京都内・近郊の水族館と比較します)
 
 
 
 

葛西臨海水族園

 
葛西臨海水族園はもともと上野動物園の中にあった水族館を、
 
上野動物園開園100周年の際に移転(独立?)させたものだそうです。
 
世界で初めてのクロマグロの群泳を実現させた水槽があることで有名です。
 
(2015年にクロマグロが大量死したことがニュースになりました。
 
今も原因はよくわかっていないそうです。)
 
このクロマグロの水槽がとにかく圧巻で素晴らしいので、是非見て頂きたいです。
 
 
 

情報

 
開園時間 9時30分~17時 (入園は16時まで)
 
休園日 毎週水曜日、年末年始
 
 
入園料 一般     700円
     
    中学生    250円 (都内在住、在学の場合は無料)
 
    65歳以上  350円
 
    小学生以下  無料
 
 
小学生以下無料はありがたいですね。
 
中学生以上も、都内在住、在学の場合は無料なので学生証などを持参してください。
 
65歳以上の方も年齢が確認できるものを提示する必要があります。
 
 
周辺の水族館と比較すると、
 
 
池袋サンシャイン水族館 ・マクセル アクアパーク品川
 
高校生以上  2,200円(税込)
小・中学生  1,200円(税込)
4歳以上    700円(税込)
 
 
八景島シーパラダイス(Web前売料金)
 
高校生以上  4,700円(税込)
小・中学生  3,300円(税込)
4歳以上   1,900円(税込)
 
 
料金だけで見ると葛西臨海水族園は一番お財布に優しいです。
 
上記以外にも都内には水族館はありますがダントツで葛西臨海水族園がお安いです。
 
ディズニーリゾートで遊んだあとでも立ち寄りやすいですね。
 
 
 

さらに葛西臨海水族園には無料入園日があります。

みどりの日(5月4日)
 
都民の日(10月1日)
 
開園記念日(10月10日) は、どなたでも無料になります。
 
こどもの日(5月5日)は中学生も無料です。
 
 
 
 

アクセス

 
■電車
JR京葉線・・・「葛西臨海公園」駅下車徒歩5分
 
公園の敷地まで5分。
 
水族園まではそこからしばらく歩きます。
 
■車
首都高速道路湾岸線・・・葛西ICから約10分
 
駐車場は葛西臨海公園の駐車場を利用することになります。
 
最初の1時間200円、以降30分ごとに100円です。
 
 
私たちはディズニーランドで遊んだ翌日、「変なホテル舞浜」から車で行きました。
 
約10分ほどで到着しました。
 
水族園のあとゆったり昼食をとって駐車場代は600円でした。
 
 
 
■他
水辺ラインを使うこともできます。
 
 
 
 
駅を降りてから、または駐車場から水族園までしばらく歩くことになります。
 
天候は良ければおさんぽがてら気持ちいいと思いますが、
 
歩くのが苦手なお子さんやお年寄りだと疲れてしまうかもしれない距離です。
 
水族園の中に入ってしまうと邪魔になってしまいますが、
 
ベビーカーがあったほうがいい距離な気がします。
 
 
 
比較 
マルセル品川 
 
品川駅(高輪口)駅徒歩2分 ホテル直結 駐車場30分500円 
 
アクセスはいいです。
 
子連れでも比較的楽にアクセスできると思います。
 
 
池袋サンシャイン水族館
 
JR・東京メトロ 池袋駅から徒歩約8分
 
東京メトロ有楽町線 東池袋駅から徒歩約3分
 
有楽町線を使うと少し楽ですが、
 
基本的にあまりアクセスは楽ではないという印象です。
 
池袋サンシャインに着いてからもしばらく歩きますし、
 
水族館のある階まで行かなければならないので子連れにはつらいです。
 
しかし車での利用の方にはよさそうです。

サンシャインシティの駐車場は

収容台数1,800台の都内でも有数の超大型駐車場となっており、

24時間営業・年中無休で、首都高速道路5号線「東池袋出入口」に直結しています。

 
 
八景島シーパラダイス
 
「シーサイドライン」の八景島駅が最寄り駅です。
 
横浜を経由して何度か乗り継ぐ必要があるうえ、最寄駅からも少し歩きます。
 
正直子連れでは電車はキツイ・・・。
 
車の場合は首都高速湾岸線「幸浦」、高速道路・横浜横須賀道路「並木インターチェンジ」
 
を下りて1.5~2kmです。
 
駐車場代は1日1,300円です。
 
 
 
 

 それでは葛西臨海水族園へ行ってみよう

公園内に入ると売店がありました。

おやつや飲み物、おもちゃなどが買えます。

園内を走る電車風の車です。

子どもウケが良さそうです。

園内の地図です。

水族園まで約200mです。

頑張って歩きましょう。

屋台が出ていました。

途中カフェを見つけました。

昼食はここを候補にすることにしました。

到着した・・・!

と思いきやまだでした。

ここは水の広場です。

記念写真にいいと思います。

ここにレストハウスがあります。

授乳室もあります。

この日は寒かったので利用者はいませんでした。

ギフトショップ「アクアスケープ」もあるので、

水族園に入らなくても水族園に行った風なお土産が買えます。

まだもうちょっと歩きます。

チケット売り場に着きました!

子どもの写真撮影にぴったりなマグロと背比べ!

息子も撮りました。

チケットも買ったしもう入れるかな???

と思ったら

階段です。

正直もう疲れてきました。

しかし頑張って登りましょう。

まだもう少し!

着きました!

海が見えます。ディズニーランドも見えるので、

天気が良ければさぞかし気持ちよいのでは。

噴水(?)ショーが始まりました。

息子は大喜びです。

やっと入れます。

入ったらエスカレーターを下ります。

やっと念願の水槽がみられました。

サメが泳いでいます。

ハンマーヘッドシャーク初めて観ました!

サメ!

熱帯魚の水槽です。

色々な水槽を巡りながら辿り着いたのがこちら。

「渚の生物」のコーナー。

リアルな岩場です。

ボラがいました。

2歳の息子が室内の水槽の展示に飽きてきた頃に外に出られるのは良かったです。

この先にはタッチプールがあります。

しおだまりコーナーは終日ふれあいが可能ですが、

サメやエイに触れるタッチフィーリン(しおだまり横)には整理券が必要です。

そして現れました。

ペンギン!

可愛いです。

下から泳いでいる姿を見ることもできます。

フェアリーペンギンは小さくてとても可愛いので必見です。

国内最大級の展示です。

ちなみに私が気に入った展示はこちらです。

「海藻の林」

写真が下手で良さが伝わらないですが、

動く絵画のような幻想的な光景でとても素晴らしかったです。

そしてついに・・・

「大洋の航海者」

マグロの展示です!!

圧巻の迫力なので是非見て頂きたいです。

ここにならいつまでも居られる気がします。

やはり目玉はマグロだと思います。

ペンギンプールも可愛くて楽しいですが、他の水族館や動物園でも見られますし。

私たちはうっかり見落としてしまうところだったので、

必ず館内地図を確認してマグロを観るのを忘れないようにしてくださいね。

レストラン

館内にレストラン「シーウィンド」があります。

大きな窓から自然光が入る綺麗なレストランです。

メニューは豊富です。

キッズメニューもあります。

ペンギンが可愛いので喜びそうですね。

セルフになっています。

こちらのレストランと迷いましたが、

私たちは来る途中で見かけたカフェで昼食をとることにしました。

近隣の水族館との総合的な比較

平日だったのであまり混んでいなかったというのもあり、

楽しむことができました。

広すぎないので、2歳の子ども連れにはちょうどいいという印象でした。

とはいえ、週末などはかなり混んでいて

あまりゆっくり展示をみることができないようです。

幼児と一緒なら楽しいけど、小学生以上にはどうかな?と思いました。

お魚好きな子にはいいかもしれませんが、

そうでない子には、イルカやアシカがみられる、

池袋サンシャイン、マルセル品川、八景島シーパラダイスの方が楽しいかもしれません。

しかし池袋サンシャインやマルセル品川と比べると、

葛西臨海水族園はある程度広さがあり、満足度も高いと思いました。

池袋サンシャイン水族館やマルセル品川は、水族館を見た後にショッピングなどが楽しめる。

葛西臨海水族園は公園でお散歩を楽しめる。

八景島シーパラダイスは一日水族館で遊び倒せる(水族館だけでなく遊園地もある)。

という印象でしょうか。

私はイルカが好きなので、

水族館でイルカがみられないのは少し残念・・・物足りないと思ってしまいました。

しかし息子の水族館デビューにはとても良かったと思います。

また前日にディズニーで遊んだのでゆったりすごすのにちょうどよかったのと、

なによりお手頃に楽しめたことに感謝です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする