陣痛ジンクス:焼肉

以前書いたことがありますが、

私は出産をとても怖れており、

お腹の赤ちゃんが大きめだと言われていたことから

難産は逃れられないのではないかという思いにとりつかれておりました。

もし予定日を超過してしまったら、

さらに赤ちゃんは巨大化し、きっと苦しいお産になるに違いないと震え、

生産期になったら早く生まれて欲しいと毎日祈っていました。

その為にヨガをやっていましたが、

それ以外にラズベリーリーフティーを飲んでいました。

ラズベリーリーフティー

ラズベリーリーフティは

お産が楽になったり、陣痛が起こりやすくなるらしいと聞いて、

探しに行きました。

はじめは西松屋で

ティーブティック「にっこりさん」を購入しました。

パッケージが可愛い。

なんだかラズベリーの甘酸っぱい味がしそうで、

とてもおいしそうと思ったのに、

飲んだら結構渋みがありました。

匂いも結構草っぽい。

それもそのはず、ラズベリーのティーではなく、

ラズベリーの葉っぱのお茶なのです。

ティーパック7つ入りで約400円、けっこうすぐなくなります。

もうちょっと気軽に飲みたいなーと探していて見つけたのは

YOGIのお茶です。

ラズベリーリーフのお茶もありましたが、

わたしは、

「Woman’s Mother To Be ウーマンズ マザートゥービー」

というお茶を買ってみました。

こちらは、

有機ラズベリーの他、有機ペパーミント、有機ネトル、有機スペアミント、有機タンポポ、有機フェンネル、有機カルダモン、香料

が含まれています。

ラズベリーティーがあまり美味しく頂けなかったので、

こちらはどうかな?と思って購入。

ママになる準備をサポートするお茶みたいです。

ミントの爽快感が妊娠中の気持ち悪さを緩和して、

タンポポは母乳を増やし、冷えを改善するとかしないとか。

いろいろと願ったりかなったり!

しかしこちら、

ラズベリーリーフのみのお茶よりももっと苦手だった・・・笑

ミントが苦手なので、結構飲むのがつらかったです。

大好きな、原宿舶来食品館で買いましたが、

カルディにも売ってます。

16パック入りで600円程なので、コスパ的にはYOGIの方がいいです。

臨月になってから飲み始めたのですが、効果は分かりません笑

もともとお茶は好きだったので、

飲んでる間はリラックスできて良かったです。

35週の時に子宮頚管が急に短くなって自宅安静になり、

一応、母乳は出産翌日から出ましたがお茶のお蔭かはわかりません。

ジンクス:焼肉

生産期に入り予定2日前。

焼肉を食べに行くことにしました。

巷では焼肉を食べると陣痛がくるという噂が囁かれています。

あとはカレーとか。

(あくまで噂です)

いつも行っている安くて美味しいお店ではなく、

初めて行く、お高めの焼肉屋を選びました。

美味しいけど、やっぱりいつものお店の方が楽しく食べられるね

なんて夫と話していたころ、

なんだかお腹が重い痛みが・・・

・・・きたよ

陣痛

なんだか出産が現実味を帯びてきました。

痛くなってくるとお肉の味も良く分からない・・・

いそいそと会計をすませ、

自宅でゆっくりお風呂につかり、

気たるべき出産に備える準備をはじめました。

陣痛チェッカーアプリで測ったところまだまだ感覚はバラバラ。

その晩は、弱い陣痛ながら一睡もできず、

陣痛チェッカーをぽちぽちしながら朝を迎え

朝になるころには5分間隔になり、病院に電話しました。

子宮口をチェックしてもらい、そのまま入院に。

しかしそこからまた夜をこえることになるとは

入院後5時間のスピード出産予定(を夢見ていた)だったその時の私には

予想できるはずもありませんでした。

そんなわけで、

私の場合は、焼肉を食べたら確かに陣痛はきましたが、

予定日直前だったので食べていなくても陣痛がきた可能性はあります笑

事実、親戚は焼肉は効果がなかったようです。

あくまでも、噂、ジンクスなので

出産前に美味しいものを食べよう!というような軽い気持ちのほうが、

気が楽かもしれません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする