出産祝いで貰って嬉しかったもの②

出産祝いで貰って嬉しかったもの① のつづきです。

今回は議論が分かれるおむつケーキと洋服のおさがりついての個人的意見です。

おむつケーキ

出産祝いの定番、おむつケーキですが、

実はもらっても嬉しくないという意見もちらほらあるみたいですね。

一度パッケージを開けたおむつを人が触ってケーキの形にする

という作業を経ているので、

赤ちゃんのおむつとして使うことに抵抗がある人や、

赤ちゃんの肌に合わないメーカのものを貰うと困るという人、

好きなキャラクターではないものを貰っても・・・という人

など。

なるほど・・・

私自身は唯一最後の「好きなキャラではなかった」が当てはまりますが、

ある程度成長した息子が初めて好きになったキャラクターのものを頂いたので、

結果とてもありがたかったですね。

ケーキに使われていた人形もタオルも喜んでます。

さらに一番頷いてしまったのは、

値段に関することで、

おむつ1~2パック分しか使われていないのに、

ケーキになると5000円~10000円もするからお返しに困ってしまう。

という意見。

なるほどー。

個人的には高いおむつケーキには

おもちゃやぬいぐるみがたくさんついていたりするので全然OKですが、

中には

好みじゃないぬいぐるみたくさんあっても使わないし、

それに高い内祝いは・・・と思う人ももちろんいますよね。

そりゃそうだ・・・。

そう考えると、おむつケーキって無難なプレゼントなようで、

全然無難じゃないのかもしれません。

しかし、洋服などをもらうよりおむつケーキのほうがいいっていう人もいると思います。

私の提案ですが、

送る人に「おむつケーキ贈りたいんだけどどうかな?」と

聞くのはどうでしょうか?

これが聞けない間柄の相手にはもしかしたら贈るべきプレゼントではないのかも?

なにせママにとったら、大切な赤ちゃんのかわいいかわいいお尻に使うものですもんね。

実際私は友人から「おむつケーキとかどう?」って聞かれて。

特に嫌とも感じなかったので「いいね!」と言いました。

サプライズがよかった!とも思いませんでしたし

むしろ出産祝いって、事前に欲しいもの聞いてくれたほうがありがたいです。

私の場合はおむつはさほど気にしませんでしたが、

肌着は日本製のオーガニックコットンにこだわっていたので。

あと赤ちゃんの食器なども、できれば日本製を使いたいというタイプです。

あ、でも嫌でも断れない人もいそうですね・・・。

困ったな・・・。

「親戚から使い切れない程、余ったおむつ貰っちゃったんだよね」

っていう断り文句はどうですか?

またおむつケーキを贈る方は、

「内祝いはいらないよ☆」と添えたらどうでしょうか。

お返しがいらなければ、貰っても負担が少なくないですかね?

実際子どもが生まれると

入院費、ベビー用品、光熱費などなど出費がかなりかさむので、

実用的でないプレゼントをもらって、

そのために高額なお返しをしなければいけないというのはキツイものがありますし。

私自身、内祝いはいらないのでというのは良く使います。

おさがり

洋服のおさがりも賛否ありますね。

私は貰ってとても助かりましたが、

これはあくまでも「とても親しい同性の身内」からもらったからに他ならないです。

とても親しい

同性

身内(友人)

この3つのポイントの一つでも当てはまらなかった正直少し持て余したかもしれません。

まず彼女の子どもたちを可愛く思っているので、

その子のおさがりだと思うだけでちょっと幸せなんですよね。

新生児の時は吐き戻しやおむつ漏れなどで、

一日に何枚も着替えが必要で、

自分で買っておいた肌着、ロンパースでは足りなくなり、

そんな時はおさがりが活躍。

その後は保育園用として。

保育園は汚れてもいい服が大前提ですし、

さらに、つねに上下3着くらい予備として保育園に服を置いておかなければいけません。

全て買っていたら大変だっただろうな、と思います。

また、保育園に置いてある服はなかなか出番がなかったりして、

ほとんど着ている姿を見ないままサイズアウトなんてこともありますし。

思い入れがある服だとダメージが大きいです。

結論

おむつケーキもおさがりも、

相手に確認をとれるような間柄で、

欲しいと言われたらあげるのが無難・・・かも。

私はどちらも嬉しかったですが!笑

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする