多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)から妊娠に至るまで ④

前回(多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)から妊娠に至るまで ③ )の続きです。

卵胞が6つ見えた周期でも結局妊娠に至ることがなく、

落胆しました。

薬を服用して、1回の周期に注射を何度か打ってももなかなか卵胞は大きくならず、

私の場合、一回の周期は40日以上でした。

身体の改善のために何が効くのか分からなかったので、

とりあえず、いろいろ試してみました。

この頃はなんでもやってみようという気持ちだったので、

今思うとそれ効果ある?と疑問の残ることもあります。

・カフェイン絶ち

カフェインは仕事のお供として、それまでは毎日摂っていました。

コーヒーも紅茶も好きなので。

仕事をするときにカフェインを取らないとどうしても集中できないような気がしてしまって。

一応、リセットするまでは我慢してました。

・葉酸サプリ

念の為飲んでいましたが、

「どうせ妊娠できないのに飲んでどうするんだろ」と荒む原因にもなっていました。

それまで欠かさず飲んでいたのに、なんとなく嫌になって飲まずにいたら、

その周期に妊娠しました。

・ノンシリコンシャンプー

ネットのどこかで、シャンプーはオーガニックにした方がいい

といったような記事を見たので実践していました。

よく考えたら関係があるのか疑問なのはこれです笑

しかしシャンプーにこだわって色々な商品を見たり、探したりするのは楽しくて、

ストレス発散になっていたかもしれません。

・夜寝る

不規則な生活をしていたので、できるだけ夜に寝るように心がけました。

・ジンクスに頼る

おまじないや占いを信じないタイプだったのですが、

他にやることがなくなったので、ジンクスに頼ってみました。

チャーミーキティを待受にして、

子宝の神様木村さんのサイトにお邪魔してみたりしました。

自分のスマホの待受を木村さんにしたかったのですが、

ふいに誰かにスマホを見られて妊活中だと気づかれたくなくて悩んでいたら、

夫が自分のスマホの待ち受けに設定してくれました。

木村さんのサイトでおみくじをひくのが日課になっていたのですが、

一度も大吉を見たことがなかったのに着床したと思しき日のおみくじで

はじめて大吉がでて思わずスクショをとってしまいました。

チャーミーと木村さんを待受に設定して2カ月後に妊娠しました。

もちろん偶然なのだろうなと思いつつも心の支えになってくれたかなと思います。

信心深くないのですが、神社でお祈りしたあとも少し気分が楽になったりするので、

ジンクスや神頼みに頼ることでストレスが軽減するのかな、と思っています。

主治医に指示されたわけではなく、私が勝手にやっていたことです。

どれも効果には個人差があると思いますし、

実践することでストレスになる人も多いと思うんですよね。

特に何もしなくても妊娠する人はするわけで・・・。

運動に関しては、

何もしませんでした。

したほうがいいのだろうな、と思いつつも、

それまでの趣味が自転車だったので、

妊活には自転車はあまりよくないのでは、という思いで乗れなくなりました。

もともと運動は好きではないので、自転車をやめたことでまったく動かなくなりました。

妊活中には実行していなかったのですが、やれば良かったと思っていることがあります。

それは

ルイボスティーを飲む

ことです。

ルイボスティーを飲むようになってから、

不順だった生理が予定通りにくるようになりました。

人それぞれ合う、合わないがあると思いますが、

私の体質には合っているようで、

生理不順や排卵障害には効果があるような気がしています。

どこかで、【妊娠した時は卵胞が1つでまん丸だった】と見ましたが、

私の場合もそうでした。

妊娠した時以外は毎回卵胞はぐにゃぐにゃだったり複数だったりでしたが、

妊娠した周期だけは卵胞が一個、まんまるで、これならイケるかも?とうっすらと思いました。

もちろん、ぐにゃぐにゃでも複数でも妊娠する人はするのでしょうけども・・・。

妊娠していないのに妊娠初期症状なのでは!?と思うことがよくありました。

妊娠初期症状で検索しまくって、これは間違いない!と毎回思っていました。

そして私の場合、妊娠した周期に限って

特に初期症状のような症状を感じなかったのが印象深かったです。

妊娠した周期の基礎体温です。

相変わらずガタガタですが、

やはりリセットした周期よりも高温期が安定している気がします。

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)から妊娠に至るまで ⑤につづきます

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする