ポッピンクッキン ハンバーガーを子どもと作ってみた【レビュー】

外出自粛の日々なので、少しでも子どもが楽しく過ごせるように

買って欲しいと言われた「ポッピンクッキン ハンバーガー」を買ってみました。

平時であれば買わないであろうお値段、250円です。

でも買ってみてよかったのでレビューします!


ポッピンクッキンって何?



ポッピンクッキン ハンバーガーはクラシエから出ている知育菓子の一つです。

私世代は、ねるねるねるねがメジャーで、



他にも木にグミをつけていく、

なるなるグミの実が好きでよく友達と作って食べていた記憶があります。





クラシエは知育菓子に力を入れていて、

「おどろき」「手作り」「おみせやさんの気分」を、

お菓子を通して子どもに提供してくれます。



現在でもねるねるねるや、なるなるグミの実はあるみたいです。



今回買ったのは、その中でも「おみせやさん」の気分を楽しむことができる、

ポッピンクッキンのシリーズです。



ポッピンクッキンには、

今回買ったハンバーガーのほかに、



・くるくるたこやき

・ふわふわパンケーキやさん

・たのしいおまつりやさん

・たのしいケーキやさん

・スイーツパーティ

・たのしいおすしやさん

・できたてパンやさん

・ドーナツ があります。

どれも子どもの食いつきがよさそうです。



こういうクッキング関係は女の子向けのデザインが多い気がしますが、

男の子でも手に取りやすいデザインが多いのがとても嬉しいです。


ハンバーガーを作ってみる



ハンバーガーは見た目も味も本物にそっくりなお菓子を作ることができるみたいです。

ナイフを使って、切ったりすることができるので、

本格的なお料理気分を味わえます。



さて、作ってみよう・・・と作り方を見て、衝撃。





工程が多い・・・。めっちゃ面倒くさそう・・・。





親(私)が9割手伝わないとダメじゃない?これ・・・。

3歳児には少し難しそうです。

そんなわけで、私がメインで進めて、

息子ができるところを手伝うみたいな形になってしいました。

小学生以上なら子どもだけで楽しめると思います。

でもレンジを使用するのでそこは注意してください。


まずポテトを作ります。

ポテトの素となる粉に水を入れて混ぜレンジでチンします。

粉を容器に入れて、水を入れます。

よく混ぜたら、レンジでチン。



チンしたポテトを細長く切って





完成。

お!結構本格的にできました。

3歳児が切ったにもかかわらず、それっぽく見えます!

しかもちゃんとポテトの匂いが!



ハンバーグ、バンズの素も同じように水を入れてチンします。

ハンバーグの素

バンズの素

水で溶かしたら、容器に入れてチンします。

チンすると、質感がパンっぽく、お肉っぽく仕上がります!

チーズも作成。






出来上がったものをスライスします。

付属のプラスチックのちいさいナイフで3歳の息子が切りました。



いいかんじ!

これらを重ねるとハンバーガーになります。

チーズバーガーとダブルチーズバーガーです。

最後にコーラ。

粉に水を入れるだけ。





完成しました。





ハンバーガー1つ2センチくらいです。

小さくて可愛いです!

ミニチュアが好きな人にはたまらないサイズ感なのではないでしょうか!

3歳児と作ったので見た目が悪いところには目を瞑って下さい。

子どもと一緒につくって一時間くらいかかりました。

小学生くらいであれば充分に楽しくつくれると思います。

味も、ポテトはマッシュポテト、

コーラもきちんとコーラ風で本格的です。

美味しいと言って全部食べていました。

大人も一緒に楽しめるので、是非!

おすすめです!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする