産後、高血圧になりました

妊娠中はごく正常な血圧(上が100mmHg前後、下が60~70mmHg)だったにもかかわらず、

産後は高血圧になってしまいました。

数値が高くなったのは、出産4日後の夜からで、

その時の血圧は覚えていないのですが、血圧を測った助産師さんが慌てていました。

それまで入院中は毎日血圧を測定していましたが、

その時までまったく高くなかったので、急に上昇したようです。

産後は血圧が高くなることは珍しくないらしいですが、

私の数値は許容範囲を超えていたようです。

私は大して気に留めていなかったのですが、

足高くして寝るようになど、厳しく指導されました。

言葉をあまり重く受け止めずに、私がぼんやりしていると、

助産師さんに

「突然パーンッってなって倒れるよ!」

と、怖いことを言われて、

え、そんなにひどいの?と、やっと自覚しました笑

高血圧は脳卒中や心筋梗塞の発症リスクが高まるんですね・・・。

産後5日で退院しましたが、血圧は高いままで、

1週間後にまた来院するように言われました。

それまで一週間毎日、朝と夕方、血圧を自宅で測るように指示され、

血圧管理帳を手渡されました。

自宅に帰ってからは慣れない育児と面倒な血圧測定

退院後すぐ夫に電気屋で血圧測定器を買って来てもらいました。

買って来てもらったのは

エー・アンド・デイ デジタル血圧計 UA-704

です。

一番安いものを買って来てもらいました。

しかしこちら測定中にものすごく圧がかかり、私の場合はとても痛かったです。

血圧計は店頭で試してから買った方がいいと思います。

家での測定で、血圧は上が150mmHg超え、下は100mmHg前後。

高血圧の目安は上が140mmHg下が90mmHgで、

中度高血圧は上が160mmHg、下が100mmHgらしいので、

私は中度高血圧になるのでしょうか。

 

退院後の数値です。

何度も測って一番低い数値を書くという意味のないことをしています・・・。

(クリックで拡大します)

そんなわけで、測定の無限ループがこの日から始まりました。

里帰り出産ではなく、遠方のため親のサポートもお願いしなかったので、

退院後は夫が仕事から帰って来る時間まで一人で簡単な家事と育児をしていたのですが、

その合間にやらなければいけない血圧測定が私にはとてもストレスでした。

その頃は赤ちゃんの泣き声に慣れていないので、

測定の間赤ちゃんに泣かれると責められているようでとても焦り、

さらにその焦りで余計に血圧が上がってしまうのではと恐怖でした。

しかも血圧測定は、毎日朝と夕方、各2回ずつ。

産後、感情の起伏が激しくなり情緒が不安定だった私は、

「なんでこんなことしなきゃならないの!別に元気だし、血圧なんて高くないし!」

「この血圧計きつくて痛い!これじゃあ高くない血圧も高く計測されちゃう!」

と泣きながら喚き散らしました。

高い数値がでた時は

「こんなはずない!」

と何度も計測しなおしたり。

しかし、泣いたところで測定をやめられるわけもなく、

夕方になれば、泣く息子の横で心臓をバクバクさせながら血圧を測っていました。

高血圧のため通院

私はこの当時、通院がとにかく嫌でした。

生まれたばかりの赤ちゃんを夫に任せなければいけない罪悪感と、

通院の間赤ちゃんと離れることが不安で仕方がなかったのです。

今思うとなぜそんなことをそんなに怖れていたのかと不思議です笑

余談ですが、実はこれは結果オーライでした。

私の通院のために、否応なく一人で新生児の育児を余儀なくされた夫は、

育児スキルがほぼ私と変わらない夫になったのです。

退院10日後(本当は一週間後に来てほしいと言われましたが、

息子を見てくれる人がいないため、夫が休みの日に通院しました)、

病院へ行きました。

結局血圧はあまり下がっておらず、薬を飲むことに。

薬(降圧薬がでていました)を飲みながら授乳をしてもいいのか確認したところ、

「授乳?してもいいけど(授乳中でも飲める降圧薬があるようです)、

授乳どころではないよ」と先生に言われました。

つまり、高血圧を直すことが大事。そのためには授乳を諦めることも考えなさい、と。

しかし、この頃、息子が乳頭混乱で母乳を嫌がっていることがきっかけで

すっかり母乳信仰を仰いでいた私には、母乳をあげないという選択肢はありませんでした。

いや、母乳嫌がってるならあげなきゃいいじゃん、ちょうどいいじゃんって、

ツッコミが入りそうですけど、そこが母乳信仰の恐ろしいところ。

あげられないと思うと余計にあげなければと思うのです。

産後3週間頃の数値です。

一カ月検診で血圧正常と診断された

それから一週間ごとに通院しました。

その間にやっていたことは薬を飲んで、リンゴを食べること

高血圧になってしまったから食べても遅いのでしょうが、

予防になるというりんごを毎日食べていました。

効いたかどうかというより、気休めになったと思います。

なかなか正常値まで血圧は下がらず産後1カ月半ほど経っていました。

子どもの一カ月検診がやってきました。

この時、まだ少し高めではあれど、通院、薬の必要はなしと診断されました。

この日検診に来ていたママたちほとんどが血圧が高めでした。

産後は赤ちゃんのお世話によるで寝不足などで、

高血圧になってしまうママが多いんですね。

私も正常値より高く出てしまい、これではだめかと思いましたが、

周りのママたちとほとんど同じ数値で、今後は通院の必要なしとのことでした。

一日2回×2回の計測によるかなりのストレスから解放されました。

高血圧の時、自覚症状があったものは

耳鳴りくらいでした。

他にも症状が出ていたのかもしれませんが、

産後で身体中が痛いし、すべてが今までと違いすぎて気づけなかった可能性もあります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする