マタニティヨガをやってみました

母方が女系でその親族みんな難産のため、出産が怖くて怖くてたまりませんでした。

さらに検診の度に、胎児が大き目と言われていたことから、

きっと難産に違いないと思い込み、とにかく出産まで恐怖におびえ、

なんとか安産になれば、とマタニティヨガを始めました。

あと単純にヨガをやってみたかったというのもあります。

しかし私は、その日の予定が決まっていることや、人と会うことで憂鬱になるタイプなので、

ヨガ教室には通わず、

DVD付きの本を購入し、自宅でやることにしました。

近隣で一番大きな本屋さんに行って、たくさんある中から

「マタニティ ヨガ本 DVD付き スタジオヨギー」を選びました。

この本を買う決め手となったのは、DVDに60分コースと30分コースの2パターンが収録されているところ。

その日の気分によって変えられるところが気に入りました。

とはいえ、60分コースは最後に瞑想の時間が長くとられており、

せっかちな私はその部分は飛ばして終わらせてしまうことが多かったです笑

安定期に入った頃からほぼ毎日かかさずにやりました。

初めてしばらくは全くできないポーズがたくさんありましたが、

次第になんとなく形になってきて、

少しずつインナーマッスルが鍛えられているのかな?と

期待が持てました。

優しい先生の声に癒されますし、

マタニティヨガというだけあって、お腹にいる赤ちゃんを意識しつつ、

お産をイメージすることができます。

(イメージしていたつもりですが、実際の陣痛中はヨガの時のような優雅さやリラックス感は皆無でした)

骨盤底筋を鍛えるということを

ヨガをやらなければ知りもしなかったと思います。

「骨盤底筋を鍛えている」

「呼吸法を身に着けている」

これらに自信をもつことで、少しずつ出産に挑む準備ができていった感じです。

私は妊娠中は、

常に気持ち悪さ(つわり、逆流性食道炎など)があり、

お腹に布が触れるだけでも気持ちが悪くなるタイプだったため、

正直ヨガも結構つらかったです。

(それに加えて柔軟性が皆無。前屈はマイナス15cm、開脚は90度以下というロボットぶり)

つらいうえに、安産に効果がなかったら・・・とマイナスに落ちることも。

しかし一日のノルマを終えた時の達成感や汗をかいた爽快感が心地よく、

妊娠中のいい気分転換になっていたのは間違いないと思います。

そして気づくと、

私は陣痛が始まって5時間のスピード出産に違いない、

と自然に思い込むことができるようになっていました。

さて実際はどうだったのかといえば、

出産に約40時間かかり、息子の心拍が弱くなって帝王切開になる寸前だったり、

子宮口開かない状態なのに息子が出口にひょっこりしているので無理矢理出してみたり、

助産師さんに上からお腹押されてみたり、酸素マスクつけられたり

正直あまり安産とは言えなかったかな、と思います。

丸一日以上陣痛に苦しみながら、

マタニティヨガやってたのに・・・と唇を何度か噛み締めましたが笑

はっきりと良い効果があったと断言できることがあります。

それは呼吸です。

呼吸法がしっかり身についていたおかげで、

どんな痛みの時でも、

ゆっくりと吸って、ゆっくりと吐くという呼吸が可能だったこと。

痛すぎる・・・痛すぎるけど、

鼻から吸って、口からゆっくり吐く!

どんな時でも、

鼻から吸って、口からゆっくり吐く!!!!!!!!

正直に言うとあまりの痛みに声を上げてしまいましたし、

長引く陣痛に、

「もう無理」と弱音を吐いたこともありますが、

それでも呼吸だけは常に乱れませんでした。

これだけは本当に自信があります。

さて、私は、マタニティヨガはDVDを観ながら自宅でやりました。

実際に学生時代にヨガ教室で何度かやったこともありますが、

自分にはDVDが合っていると思いました。

しかし実際に教室に通うのと違う点がいくつかあり、

それがメリットであったりデメリットだったりします。

教室に通う方が合っている方もいると思うので、参考にしてみてください。

自宅マタニティヨガのメリット

○自宅でできる。 →自分の体調に合わせられて、終了後疲れたらそのままゆっくりできる。

○身体が硬くても誰にも見られないので恥ずかしくない(私のことです)

○DVD(本)代以外のお金がかからない

○毎日できる(日にちや時間が決まっていない)

自宅マタニティヨガのデメリット

○先生がいない

○スタジオのような鏡がない

 

これから自宅でマタニティヨガを始めようという方は、

とりあえず本屋さんに行ってみるとたくさんヨガの本が出ているので、

自分に合いそうなものを探してみてください。

服装は結構重要です。できる限り動きやすいものがいいです。

動きやすい服でないと結構苦しいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする