1歳でイヤイヤ期がきた息子

2歳頃になるとイヤイヤ期がやってくるという話を小耳にはさんでいたので、

さてどのようなものかな・・・

と息子が0歳の頃から少し身構えていたのですが、

1歳を過ぎた頃から、

おや?と思うことが増えました。

1歳頃に現れたイヤイヤ期の症状

手をつなぐことを嫌がる

歩き始めたばかりで自分で動けることが嬉しい、

なおかつまだ背が低く手を繋ぐと無理な体勢になる、

これらの理由のせいかと初めは思っていました。

手を繋ごうとしても振り払って逃げる←危ない

無理矢理繋ぐと地面に寝転がって嫌がる

などなどとにかく手繋ぎを断固拒否。

息子を必死に追いかける日々が続きました。

逃げないように手をしっかりホールド。

それでも嫌がる場合は暴れる息子を抱っこで移動。

リードのようなものがあることは知っていましたが、

息子の場合こちらを嫌がって怒ることは目に見えていたので使いませんでした。

しかし一度試してみたら良かったかもしれません。

あれ、手を繋がせてくれる・・・と気づいたのは、

手繋ぎ拒否が始まってから約6カ月後でした。

それ以降は基本的には手を繋いで歩いてくれるようになりました。

手繋ぎ拒否の時期は、あまりの落ち着きのなさに、

色々と心配がありましたが、

今となってはあれはイヤイヤ期の現れだったと分かります。

保育園から帰りたがらない

保育園から帰らないと毎日泣いて拒否していました。

いつまでも帰路につけない。

車では帰りたくないと大泣き。

家に入りたくないと騒ぐので、保育園から帰って来て

息子の気が済むまで1時間以上近所を散歩していました。

イヤイヤ終了と共にこちらもすっかりよくなりました。

保育園で「まだ遊びたい」とは言うものの、

泣いたりすることなく車に乗ってくれますし、

家にもすんなり入ってくれます。

同じ子と思えない程素直です。

コントロールできない感情

○○をしたいと思ったら、それができないと癇癪を起すということがまれにありました。
その時はひたすらに、

理解者を装って息子に付き合うことしかできません。

30分くらい泣き続ける息子を抱っこして

「そうだね、○○したかったね」

というのですが、

これで解決しないこともよくありました。

子どもの爆発した感情をうけとめ続けるには、

こちらにもかなりの心の余裕が必要とされる気がします。

私は受け止めきれないと感じることがありました。

1歳でイヤイヤ期がやってくる?

息子は今2歳2ヶ月ですが、

1歳の頃とは比べ物にならない程、素直で言うことをよく聞いてくれます。

「いや」と思ったことでも、

こちらがきちんとお願い、説得すると理解して受け入れてくれるように

なりましたし、それに時間はかかりません。

1歳の頃は、

息子の性格が「落ち着きがない」「癇癪もち」なのだと感じていましたが、

2歳の今はその印象が180度変わったので、

おそらく息子はイヤイヤ期が1歳で現れたのだと思います。

・・・これからさらに激しい反抗期がやってきて、

やっぱりイヤイヤ期はまだだった!とならないとは言い切れませんが・・・。

ちなみに知人にきいたところ、

イヤイヤ期が全くない子もたくさんいるみたいですね。

私や弟にもなかったらしく、

母にはイヤイヤ期を説明しても理解を示してもらえませんでした。

知人はイヤイヤ期の期間は大体3カ月くらいかなと言っていたので、

半年以上続いた息子のイヤイヤ期は長い方だったのかもしれません。

イヤイヤ期は一緒にいる大人にとってとてもつらいですよね。

私もかなり参ってしまい、どうしても対応しきれない時がありました。

その時はもうなだめるのもやめて

息子のギャン泣き動画を撮って

これ夫が帰ってきたら見せようと気を紛らせてました

動画を撮られているとイヤイヤしている息子も少しだけ気が紛れて、

そのギャン泣き動画をみてケラケラ笑ったりしていました。

真正面から向き合い続けるとメンタルにかなりダメージを負う上に、

子どもに酷いことを思わず言ってしまいそうになるので、

数分トイレに籠ったり寝室に逃げてスマホをいじったりすることも数回ありました。

子どもを一人にすることになるので推奨はできないですが、

もうどうしようもない時はママも逃げたいですよね・・・。

誰かに頼れたら一番いいですけど、それも簡単じゃないですから、

数分間だけ、気分転換することは許してほしいところ。

もちろん、子どもが安全な場所にいることが大前提ですが。

イヤイヤ期のお子さんを育児中の親御さん、

気分転換しながら頑張りましょうね。

いつか終わりが来ます!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする