IKEAのベビーベッド【SUNDVIK スンドヴィーク】 がお気に入りの理由

以前の記事「ベビーベッド・息子がもうすぐ2歳でも、ある意味現役です 」にも

書きましたが、

我が家ではIKEAのベビーベッド「SUNDVIK スンドヴィーク」を

使用しています。

このベビーベッドを選んだ理由は、

見た目と値段

これだけだったんですが、

実際使ってみて、本当に気に入りました。

とはいえ

ベビーベッドに機能性を求める人には不向きかなと思います。

私個人のこのベビーベッドのお気に入りの点を紹介します。

シンプルだけど可愛らしいを求める人向き

直線のみでデザインされた真っ白なベッド

これがとてもお話に出てくるベビーベッドっぽいんですよ・・・!

キラキラ感とかふわふわ感とはないんですけど

この真っ白なシンプルなデザインがどんな部屋にもマッチしつつ

その部屋自体をおしゃれにしてくれるくらい可愛いです。

もちろん好みはあると思いますが・・・

そしてヘッドと足元が柵でなく板になっているところがポイント!

私はベビーベッドを自分のベッドの横に置いていて、

自分のベッドの横のサイドテーブルにライトを置いています。

我が家の寝室のライトは明るさの段階を調節できないので、

授乳やおむつ替えはサイドテーブルのライトを使っていたのですが、

ベビーベッドのヘッド部分が板になっていることで、

しっかりと光を遮ってくれました。

ライトを消さずに寝ても息子はまぶしいと思うことはなかったでしょう。

また、寝室と廊下をつなぐドアを開けた際に、

ドアから廊下の光が入ってきても、問題ありませんでした。

色は二種類。

ホワイトとグレーブラウン。

グレーブラウンも落ちついたイメージですが可愛いです。

おしゃれな部屋に合いそう。

機能性は劣る

ベッドの下が収納になっているとか

おむつ替えがしやすいように、ベッドの横がスライドで開くとか

そういった機能はありません。

それでもおむつ替えで不便を感じたことはありません

・・・でした・・・

が!

実際に、

サイドが開くタイプの国産のベビーベッドを使ってみて、

使いさすさに驚きました。

まず、IKEAのベビーベッドより大きいんですよね。

ゆったり感が違いました。

そしてサイドが開くと本当におむつ替えが楽で、

あー、自宅のベビーベッドは不便なんだな、と気づきました。

しかしそれはそれで、

子どもが大きくなっても、

開けて遊んだり指をはさんだりする心配がないという長所でもあります。

高さは2段階に変えられ、

下の段にして片方の柵をはずして使うことも可能です。

こんな感じ。

画像が悪くてすみません。

組立が大変

一つ一つのパーツが大きいので、

広い部屋で作って運ぶことができないので、

ベビーベッドの置き場となる寝室で組み立てる必要があり、

我が家はすでに私たちのベッドが置いてある場所で組み立てるのは大変だったようです。

夫一人で1時間半ほどかかりました。

また説明書が分かりづらいので、苦労したようです。

逆にいうと、

組立自体は簡単なので、

ベッドを組み立てるのに十分な広さがある場所にベッド置く場合であったり、

組み立てた場所からベッドを移動するのが容易な間取りであれば

そこまで苦労しないだろうとのことでした。

また重さが結構あるので

女性は一人で組み立てるのは、なかなか大変みたいです。

また、ベッドの高さを変えるのも少し手間がかかります。

マットレスもIKEAで購入しなければならない

国産と規格が違うので、

マットレスもIKEAで買う必要があります。

マットレスは全部で5種類。

一番安いもので1,999円~高いもので9,990円です。

硬さや高さが違います。

我が家は、

ベッドを低い位置にした時に、

自分たちと同じ高さになるマットレスを選びました。

購入して、自分で寝てみましたが、寝心地は良かったです。

3歳になってまた使っています

ベビーベッドというと、【使用期間が短い】というイメージで、

そのデメリットから購入を迷う人が多いですよね。

我が家は、ベビーベッドで寝なくなってしまってからも、ベッドの横にくっつけて

ベッドガードのように使用していました。

そして3歳になった今、またベッドとして利用しています。

オムツからパンツに移行しているので、

おねしょシーツを敷いたベビーベッドで寝てもらうのはとても都合がいいのです。

ベビーベッドは子どもが落ちることがないですし、

おねしょシーツがない場所を汚してしまうとか、

シーツがずれてしまうという心配がないのです。

布団がずれないというメリットもあります。

同じベッドに寝ていた時は息子の寝相の悪さのせいで

布団がかかっていないということがよくあったのですが、

ベビーベッドで寝るようになってからは朝まできちんと布団をかけています。

あとなによりのメリット

かわいい☆

やなりベビーベッドで寝ている姿はかわいいです。

スンドヴィークは20kgまで使用することができるので、

3歳4カ月で、14kgの息子はまだまだ使うことができます。

ところが、身長100cmなので、

スンドヴィークは60×120 cmのため、長さがギリギリなんです。

せっかくですが、もうすぐ使えなくなってしまいそうです・・・残念・・・。

そんなわけで、

ベビーベッドや、IKEAのスンドヴィークの購入を迷っている方、

兄弟が生まれたらもちろん長く利用できますが、

もし一人っ子でも、子ども用ベッドとして長く利用することができますよ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする