0歳10カ月連れグアム旅行①【持ち物編】

息子が0歳9ヶ月~10カ月の時に親戚の結婚式でグアムに行きました。

その際の準備や持ち物について記事にしようと思います。

日程

秋:4泊5日

成田発・朝→グアム着・夕方

宿泊ホテル:ハイアットリージェンシーグアム

0歳10カ月グアム旅行持ち物

まず、着替えに関してはあまり心配がありませんでした。

グアムは暑いので、夏服でOK!これは助かります。

着替え

◎半そで3枚

◎短パン3枚

◎半袖ロンパース1枚

◎パジャマ用ロンパース2枚

◎靴下

◎水着

◎長ズボン1枚(機内の防寒用)

◎長袖シャツ1枚(機内の防寒用)

お世話用品

◎おむつ一袋

◎おしりふき

◎スキンケア用品

◎ベビーソープ

◎日焼け止め

◎日よけケープ

◎レトルト離乳食

◎飲み水

◎粉ミルク(念のため)

◎抱っこ紐

◎おもちゃ

◎マグ

◎マグを洗う洗剤+スポンジ

◎いつものお世話グッズ(inマザーズバッグ)

◎パスポート

※青字は預け荷物のキャリーの中、赤字は手荷物で持ち込み

こんな感じです。

着替えは結構持って行っているようで、荷物としてのボリュームは少ないです。

夏服なので嵩張らず、ポーチに全部入るくらい。

ホテルにはコインランドリーがあるので、そこを利用する計画でした。

ランドリー使用には25セントが5枚必要です。

しかしお世話用品はかなり嵩張りました。

キャリー1つはほとんどベビーの荷物で埋まりました。

おむつは念のため1袋そのまま持って行きました。

親戚に驚かれました笑

実際使ったのは半分くらい。

お水も、日本のものが安心だと思ったので、

飲み水は全て持って行きました。

一日500ml計算、予備でペットボトル6本です。

離乳食も持って行きました。

お肉を使った製品は持ち込めないので同じ味ばかりになりましたが。

実際にはホテルのブッフェに食べられるものが結構ありました。

荷物は以上で、

なにかが「足りなくて困った!」ということはありませんでした。

出発は秋(10月)だったのですが、

暑い日だったので現地で過ごすのと同じ服装で出発できたのも楽で良かったです。

さてこの旅行において、私が買ってよかったと思ったのは、旅行雑誌でした。

とにかく読みまくり、グアムの知識を頭に叩き込みました。

いつも旅行はいきあたりばったりタイプなのですが、

子連れなので今回ばかりは真面目に予習しました。

もちろんネットでも調べましたが、

雑誌のいいところは、読みなれたものが手元にありさえすれば、

秒で知りたい情報のページを開けるという点ですね。

スマホやタブレットより早いです。

入国申請書の書き方なども載っているので、そのまま写せばいいですし。

重い、嵩張る・・・というデメリットはあれど、

子連れの場合、旅行雑誌は事前に読んでおくことをおすすめ。

旅行気分が高まるのも良い点ですよね。

また子どもの服やグッズはポーチなどに小分けがいいです。

赤ちゃん雑誌の付録だったおむつポーチ。

おむつポーチとして日ごろ持ち歩くには大きいので、

専ら旅行用として使っています。

便利だし可愛いし、作りもしっかりしています。

この中にベビーの着替えは全部入りましたよ。

ポーチに服をまとめておけば、

ホテルの部屋にぽんと置きっぱなしでも汚れているように見えませんし、

○○のポーチに××が入っているよ、

と言った感じで、子どもの世話を手伝ってくれる同行者に分かりやすいです。

服以外の小物はポリエチレン袋に小分けしました。

こちらは透明なので、中身が分かりやすいのと、

水に濡れても平気なのでお風呂場や洗面所にそのまま置けるのがいいです。

子どもの小物収納にポリエチレン袋を使った記事

また、ケープも必須かな、と思います。

我が家は日よけとしてケープを持参しましたが、

授乳にも役立ちました。

グアムは授乳室がある場所がなかったので、

ホテルに帰れない場合や車をレンタルしていない場合は、

ケープの中で授乳することになります。

赤ちゃんのパスポート写真は、自宅で撮影、印刷しました。

後日、パスポート用写真作成についての記事を書きたいと思っています。

  1. 0歳10カ月連れグアム旅行①【持ち物編】
  2. 0歳10カ月連れグアム旅行②【出発編】
  3. 0歳10カ月連れグアム旅行③【到着・ホテル編】
  4. 0歳10カ月連れグアム旅行④【ハイアットリージェンシー編】
  5. 0歳10カ月連れグアム旅行⑤【ベビー連れ観光編】
  6. 0歳10カ月連れグアム旅行⑥【食事・帰国編】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする